トーベ・ヤンソンについて

トーベ・ヤンソンってどんな人?

トーベ・ヤンソンは画家、挿絵画家、風刺漫画家、小説家、童話作家など、さまざまな肩書きを持っていました。

ムーミンシリーズ執筆スタートしたのは

ムーミンシリーズの1作目「小さなトロールと大きな洪水」は、第二次世界大戦が終わった1945年に出版されました。

2つの長いU字型の管を繋ぎ合わせた形をしており、スライドを伸縮させて音程の高低を生み出します。

ムーミンシリーズが生まれたクルーヴハル島

トーベ・ヤンソンは、幼い頃から夏をクルーヴハル島で過ごしてきました。

この島で、ムーミンシリーズを含む多くの作品が生み出されたのです。

トーベ・ヤンソンの小説

さて、トーベ・ヤンソンは、一般向けの小説も多く書いています。

残念ながら、日本ではあまり知られていないようですね。

ムーミンシリーズ誕生60周年の2005年から「トーベ・ヤンソン短篇集」や「誠実な詐欺師」など、文庫本として発刊されています。

デビューは雑誌の挿絵だった

トーベ・ヤンソンの画家としてのデビューは、雑誌の挿絵でした。